登場人物

暗黒官能極道BL「デビル・クロニクル」の登場人物たちを、所属する勢力別にまとめてあります。
物語の主人公は四洲連合の直系二次団体「毘沙門組」組長の息子──毘沙門隼斗と、元「降魔組」組長の息子──降魔千優。
二人は愛し合いながらも「四洲連合」と「阿修羅一家」の代理戦争に翻弄され、引き裂かれます。
一体、どんなラストが二人を待ち受けているのか──。
是非、最後までお付き合い願えれば嬉しいです。

毘沙門隼斗と降魔千優。
character-design by 綿棒
「毘沙門組」組織図

「四洲連合」系関係者

毘沙門隼斗 びしゃもんはやと 「毘沙門組」組長の息子。高校三年生。
降魔千優 ごうまちひろ 元「降魔組」組長の息子。高校三年生。
帝釈舜 たいしゃくしゅん 「四洲連合」若頭。「舜帝会」会長。
毘沙門拳伍 びしゃもんけんご 隼斗の兄。「毘沙門組」若頭。「拳勇会」会長。
羅刹栄吉 らせつえいきち 「毘沙門組」若頭補佐。「羅刹組」組長。
羅刹将至 らせつしょうじ 「羅刹組」若衆。羅刹栄吉の養子。ボディーガード。
降魔麟太郎 ごうまりんたろう 千優の亡き父。元「降魔組」組長。
降魔白雪 ごうましらゆき 千優の妹。
桜坂妃菜 さくらざかひな 拳伍の内縁の妻。
界外功児 かいげこうじ 隼斗のボディーガード。
明石英雄 あかしひでお 私立探偵。

「飛燕会」系関係者

乙式陸男 おとしきりくお 「飛燕会」会長。
雷電三三 らいでんさんぞう 「雷電一家」組長。
荒鷲零士 あらわしれいじ 「雷電一家」若頭。
伏見一矢 ふしみかずや 「雷電一家」組長のボディーガード兼愛人。
鯖徒兇 さばときょう 荒鷲配下の不良グループリーダー。
萱場飛行 かやばとびゆき 鯖徒の子分。
奈良原轟介 ならはらごうすけ 鯖徒の子分。
紫雲大洋 しうんたいよう 鯖徒の子分。
ヤクザBL

「阿修羅一家」「四洲連合」組織図

戦後から続いた極道たちの抗争は、二〇〇〇年代の初め、大阪に本拠地を置く「阿修羅一家」の勝利で幕を閉じた。
なかでも〝第六天魔王〟の異名を持つ広島出身の若頭──仙波旬一郎率いる「仙波組」は、死をも恐れぬ殺戮集団として全国にその悪名を轟かせていた。
だが、そんな日本最大規模の暴力団組織「阿修羅一家」にも〝目の上の瘤〟はあった。
「神」の文字を冠する神奈川の支配者──「四洲連合」である。
四洲連合を倒して全国制覇を成し遂げることは、阿修羅一家の悲願だった。

「阿修羅一家」系関係者

仙波旬一郎 せんばじゅんいちろう 「阿修羅一家」若頭。「仙波組」組長。
猪狩義仁 いがりよしひと 「仙波組」若頭。「猪狩組」組長。

その他

大田宏 おおたひろし 「ミナト鉄鋼」専務。
伊藤久子 いとうひさこ パチンコ「フェニックス」店長の母。
春山美津子 はるやまみつこ 児童養護施設「やまゆりの家」施設長。
石井寿美 いしいすみ 「やまゆりの家」副施設長。
加藤尚弥 かとうなおや 「やまゆりの家」児童。

極道BL