作者プロフィール

天野佑海

天野佑海 /アマノユウ

関西出身。
大学卒業後、出版社に就職。
月刊誌の創刊と編集に携わり、その後フリーランスのDTPデザイナーとして活動。
現在は極道BL小説の執筆とセルフパブリッシングに取り組んでおります。

「デビル・クロニクル」について

 2015年ヤクザフィクション好きな私は「六道曼陀羅」という極道BL小説を書き、記念に三冊製本していたのですが、その年の9月山口組分裂のニュースを見ながら父から聞かされた昔話をきっかけに、ヤクザについてもっと深く調べ、「六道曼陀羅」を書き直すことを決めました。(※『父から聞かされた昔話』についてはこちらをご参照ください。

 暴力団対策法暴力団排除条例が推し進められているこの時代に、「こんな話書いてどうすんだ」「誰も読んでくれないに決まってる」と自分でも思います。どう考えても異常ですよね。だって世間の常識では「ヤクザ=悪」だし、私自身も二度ほど恐い目に遭っていたし(笑)。でも、私が子供の頃、隣に住んでいた鶴川(仮)さんが家族を養う為にヤクザになったように、ヤクザにはヤクザになった「理由」がきっとあるのではないか(まあ、なんとなく先輩に誘われてって人もいると思いますが)──その「理由」を私はどうしても知りたかったのです。

 私があまりにもヤクザ関連の資料ばかり集めるので、とうとう家族も反対するようになりました。ヤクザの」の字を出すだけで家族はみんな顔をしかめた。でも、どうしても知りたかったし、書きたかった。「知りたい病」の発症です。これは悪い病気です……。これが発症してしまったら気が済むまで調べ尽くすしかありません。生まれた瞬間は無垢だった赤ん坊が、どうしてヤクザになってしまったんだろう?
 フィクションからノンフィクション、果てはコンビニに売ってるヤクザ専門誌実話時代」(これを買うと家族が怒る)まで、ヤクザ関連の資料を入手しては読み漁るうちに人権問題にも興味を持つようになりました。「デビル・クロニクル」を読んで下されば分かると思いますが、それはヤクザの歴史を掘っていくと必ずぶち当たる問題だから。

 2015年10月、私は「蓮華庵」という自分のホームページで「六道曼陀羅」を改稿しつつ連載を始めました。連載当時のタイトルは「ゴクドウ曼陀羅~鮮血のスティグマ」、その後「閃血のスティグマ」、そして2018年10月、物語の完結を機に、作品名とサイト名を「デビル・クロニクル」と改めました。

デビル・クロニクル LOGO 子供がヤクザになった過程

戦後ヤクザの歴史、ヤクザの生い立ち──そんな意味を込めて「デビル・クロニクル」というタイトルを付けました。

直訳すると「悪魔の年代史」。

ヤクザだけじゃありません
普通と呼ばれる人達にも魔が差す瞬間が必ずあると思います。
イジメ、差別、万引き、虐待、嫉妬、浮気──。
魔が差す瞬間
は意外と身近にあります。
そんなものも含めての、暗黒官能極道BL小説「デビル・クロニクル」なのです。
極道BL、ヤクザBL任侠BLVシネマノワール映画等、
ヤクザフィクションをこよなく愛する方に是非読んで頂ければ幸いです。

ヤクザの葬式

極道の息子たちが恋に落ちた。
血塗られた宿命の悪縁とも知らず──。
真実を知った時、降魔千優の瞳は何色の絶望を映すのか?
読む者を悪夢へと誘う、暗黒官能極道BL。
極道として生き、散っていった男達に捧げる、

哀しくも優しい鎮魂歌。

デビル・クロニクル

amano96296@gmail.com

リンク

駄文同盟
駄文同盟様
ちよなび
ちよなび様
B-LOVERSLINK
B-LOVERSLINK様
よろずりんく
よろずりんく様
sindbadbookmarks
sindbadbookmarks様
GayArtNavigation
GayArtNavigation様

リンクポリシー

 

【サイト名】
極道BL-デビル・クロニクル
【管理人】
天野佑海(アマノユウ)
【URL】
https://devil-chronicle.com
リンク・アンリンクフリー